トップ こいぬじょうほう こいぬについて
               
おやくそく とうてんのサービス フレンズのおともだち
               
ドッグショーのもよう うちのおとこのこ おみせしょうかい
               
おといあわせ リンクページ Go!Go!パピーズ



子犬がくる前に準備しておきたいもの
  • サークル、給水器、食器、ブラッシングコーム、爪切り、タオル、トイレ用シーツ
  • 子犬の遊び道具(ボール・ダンベル・チューインガムなど)
 


子犬がおうちにきたら
  • きたその日は、子犬は疲れているので十分な休息をさせてあげてください。
  • 一日も早く環境になじませるため、子犬の居場所を決めてください。
  • 生後2ヶ月くらいの子犬は、遊びたくて仕方ありません。しかし、まだ環境に慣れていない子犬は、たくさん遊ぶと疲れてしまいます。
  • しばらくは、時間を決めて遊んであげることが大切です。
 


 
子犬の食事について
  • 食事は正しい量と、安全なフードを与えてください。子犬の時に取る栄養はとても大切です。
    子犬の時の歯(乳歯)が永久歯に生えかわる時に、子犬は歯がかゆくいろいろな物をかじろうとしてしまうので、
  • ガムや布製おもちゃなどを遊びに使わせて、生えかわりの手助けをしてあげてください。
  • たまねぎ類または、ささみ、赤身などは与えないでください。
    良質のたんぱく質のかたまりで、仔犬もよく食べますが、これを与えることで、リンとカルシウムのバランスが崩れてしまいます。


トイレのしつけについて
  • トイレのしつけのための場所を作ります。犬の生理学的な特徴を上手に利用します。
  • 目が覚めたとき・・・必ずいっしょに場所を探して、トイレに連れて行ってあげてください。
  • 食事が終わったとき・・・30分から1時間くらいで排便・排尿をもよおしますから、子犬の行動を見ながら、トイレに連れて行ってあげてください。
  • 排便・排尿の回数の目安・・・子犬では1日3食が平均ですから、5回〜7回が目安です。
 


その他のしつけについて
  • よいことができたら、必ずすぐほめてあげてください。決して叱らないでください。
  • 上手にできたら、まずほめることが大事です。
  • スワレ、フセ、マテ、オイデをいつも繰り返してください。
 


健康管理について
  • ドッグフードによる栄養食を与えることが基本です。
  • ストレスのかかり過ぎない気持ちの良い環境が必要です。
  • 予防できる病気は、すべて完全に予防しましょう。
 


健康を保つためのお手入れ
  • ブラッシングをすることによって、皮膚の病気や腫瘍の早期発見になるばかりでなく、子犬と対話できる良い時間にもなります。
  • 耳のお手入れは大切です。健康な子犬でも耳アカが溜まり、耳の中に黒褐色の粘性の分泌物があったり、炎症を起こしてウミを出していたりすることがあります。
  • 歯は定期的に獣医さんに診察してもらいましょう。歯石をそのままにしておくと、口臭が強くなり、歯肉炎、歯槽膿漏、歯根炎などの病気が進行しやすくなります。
  • 爪切りは必要です。爪が伸びるとじゅうたんやタオル、毛布などにからまって、生爪をはがしたり、ひどいときには骨折を起こしかねません。
  • 入浴の目安は「汚れた感じがするとき」、「臭いがきつくなったとき」です。
    月に1回のシャンプーを心がけてください。夏場は+1回くらいで考えてください。
 



犬と人間との年齢換算表

人間
1ヵ月半 4歳
3ヶ月 6歳
6ヶ月 10歳
9ヶ月 13歳
1年 15歳
1年半 20歳
2年 24歳
3年 28歳
4年 32歳
5年 36歳
6年〜 40歳〜